SAX Player 落合智子のブログ:音楽のこと、猫のこと、日々の徒然
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パート2  ?6日編?
2009年10月06日 (火) | 編集 |
昨夜の楽しい時間に少し元気をもらったアタシ...

だったのですが......


またしても 今日、昨日に引き続き 今日も....
朝早くから 色々色々色々あり、
昨日(元気をもらったはず)の今日だけれど(え?っ?!早っ?!
テンション ババ下がり

よくも まぁ、毎日毎日 こんなに色々あるもので...
ホント 参っちゃいます

結局 一日 その「色々」に対して動いて 
そうすると、なにかを考える余裕もないままに...
ただ ちょっとでもほっとする時間ができると
もうただ マイナス思考にしか成り得ない自分がいたりもしたのですが
今日もそんな中 あっという間に 夕方になっていました。

おっと!!
ぼ?っとはしてらんないっ!
今日はおでかけ...しなくては。

ゆっくり お着替えやお化粧をする暇さえなかったのですが(え?ん
とにかく 「色々」なご用事を済ませ 電車に飛び乗りました

今日は 素敵なジェントルマンとの待ち合わせです。うひょっ!

アタシも10分前に到着したのですが
すでに待ち合わせ場所にいらしてたその紳士は
やはり今日も とってもお洒落?ないでたちで...。
白い上下のスーツに かっこいいお帽子に
胸には キラキラサックスのブローチが!!
アタシは....す、す、すいません....な状態
いきなり 冷汗かきましたわ(タラーリ

そして ご一緒いたしましたは、谷町4丁目あたりにある
フレンチのお店「ル・クロ・ド・マリアージュ」

とても上品で素敵な雰囲気...
そんなお店で なんと個室にてお食事なのでした。(わぉ?)

ホールの若いお兄さんも、お料理の説明にきてくださったシェフも、
主任も オーナーも みんなみんな 温かい素敵な方ばかりでした。

なかでも アタシたちを担当してくれたホールのお兄さんは
4月に大阪に出てきたばかりの シェフを目指す男の子(雄太くん)。
まだ とても初々しくて....
宮崎県出身とのことで 遠くは宮崎から4人の若者が
春に このお店にきたらしい。
しかし 半年経った今は もう2人しか残っていないそうだ。
お店からは お国訛りがでないように と言われているとのことだが
彼は しっかり宮崎弁である(^^)

アタシは父が宮崎出身であり...
また、アタシがまだ幼少の頃には 
何年も喘息を患っていたので
(今のアタシの体格やなにやからは 皆 想像できないらしい:笑)
春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、冬休みと
少しでも長い休みがあると 田舎のおばあちゃんちに
預けられていたのである。
山、川、海 全てが近くにあり、
初期の頃にはお隣のおうちには 牛がいた。
薪 割ってくべて 火をつける 五右衛門風呂だったし。
おばあちゃんちの裏の畑で毎日野菜をとっては
煮物を作ってもらって食べていた。
おやつはとうもろこしやさつまいも、トマトである。
年の近いいとこと近くの川、海へいって とってきたしじみなどで
おばあちゃんはお味噌汁を作ってくれた。
親戚のおじがもってきた釣れたての魚や生みたての卵も食べた。
正直 子供の頃は好き嫌いも多く
特に煮物やお魚なんて 好きではなかった子供でして
でも おばあちゃんが大好きだったので
大好きなおばあちゃんを悲しませたくない一心で
好きでないものも一生懸命食べたものである

が、不思議なもので 田舎での食べ物は
みな とても美味しく感じていて いつのまにか
好き嫌いはしっかりなおっておりました(笑)

あぁ,楽しかったなぁ....
田舎での思い出話は またあらためて...。

ま、そんなこんなで 宮崎弁はなっつかしい!!


すっかり 宮崎の話で仲良くなってしまって。へへっ。


いろんな すっごい美味しいお料理が次々とでてくるのですが
デザートまできて こんな....こんな...こんなことが...。



シェフとオーナーに許可をいただいたのか
デザートに こんな文字を添えてくださいました。
(注:佐土原 というのも 村の名前です)
20091007191705.jpg


コーヒーをすでに飲み干した後だったのに
またも こんな風に...プレゼントの一杯が
20091007191657.jpg


そして もう一人の厨房に入っていた宮崎の若者(久保君)は
こんな 特技があるそうで サプライズで急遽 作ってくださり
プレゼントしてくださいました
この子は オレンジのトイプードルちゃん
20091007191649.jpg

この子は 緑のミニチュアダックスちゃん
20091007191639.jpg

お店の方の温かいお気持ちが嬉しくて
はい、アタシ もう限界で...胸がきゅきゅぅっとなって
涙? 涙?

いったん おさまった涙も お店出るとき ご挨拶したら
また 思い出して じ?んとなって 涙?


本当に 人とのご縁って 不思議で素敵なものだ

お店の皆様、 本当にありがとうございました!
そして ジェントルマンN様、こんな素敵なお店へ
ご招待くださって 本当にありがとうございました。

お食事も お話も お店も 人も 
全部全部 楽しかった&ためになりました。


彼らが いつか夢かなえられるそのときまで
このお店には 何度も来たいナ。(今度は自分でね!)
そして もしも 独立なんてされたならば
アタシは しっかり そのお店にもお食事に行こう!
今度はアタシが ジェントルマンN様をご招待するんだー。
N様 今のまんま、お元気で粋なまま、長生きしてくださいましよ?(笑)


人、人、人の温かい気遣うお気持ちに涙した夜。
昼間は 正反対で 涙したのにな。(忙しい奴ですな、アタシ:笑)

明日もみんなに いいことありますように
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。