SAX Player 落合智子のブログ:音楽のこと、猫のこと、日々の徒然
またも週末!
2011年11月12日 (土) | 編集 |
お題のとーり、気がつけば またも週末やん!
ってかんじです(笑)

今週は どんなんやったっけ?って振り返ってみる。


レッスン、レッスン、レッスンな....。
自分が先生の日あり、
習い事に行ったりして 自分が生徒の日もあり。

そうそう 火曜に イレギュラーにレッスンに行き、
その帰り お仕事の譜面をお届けに 「北浜ルンバ」まで。

サックス武井氏、ギター箕作氏、ベース福呂氏のトリオの
ライブでした。
(武井君に 楽譜を渡しに行ったのです)
みんなといろんなお話ができ
そして ご機嫌な演奏も聴かせていただき
ご用事で伺ったのに
とっても楽しい時間をすごさせていただきました

帰り道 電車に揺られながら ほんとにいい気分~
頭の中 演奏がずっとリフレイン~(わぁ~い\(^^)/)



そして今日は 夕方から 南港まで。
車ではなく 電車で行ってみたりして
めっちゃ 新鮮でした(はははっ)

南港サンセットホール っつうところで
ライブがあったのです。

卒業した大学のイベント?っていうのかな...。

今日は トランペットのナオキ先輩が カルテットで
演奏されるって お聞きして 
しかも ゲストで お師匠さま 赤松先生が演奏されるって
うかがったものだから 
どきどき わくわく しながら 始まるのを待っていました


本日のメンバーは 
河村直樹さん(Tp)、矢藤亜沙巳さん(P)、
木村知之さん(B)、 東 敏之さん(Dr)、
そして ゲストが 赤松二郎先生(T.Sx)

みなさんの ステージのバック(背景)は
夕方、日が暮れてゆく頃から 夜になってゆくかんじの時間帯の海と空。
会場も いいかんじに 音が響いて
ほんとに 素敵な コンサートだったですロマンチック~


プログラムは 
まず ナオキ先輩のカルテットで スターダストに始まり、
次は Just Friends、
3曲目から 赤松先生が 登場されて
クインテットになって Stella By Starlight、

4曲目 ナオキさんが お休みされて
赤松先生のカルテットとなり
先生のお好きな Wayne Shorterの VIRGOを演奏されました。
「哲学的な曲かも?」と 先生はおっしゃっておられました。
でも とても きれいな曲だったなぁ~。
パノラマでみえる後ろの景色(暮れてゆく空と海)とも
素敵にあっていたように思います(^^)

5曲目からは またクインテットになり
Autumn Leaves、
Tenor Madness、
と続き いよいよ ラストは
Black Nile。

アタシは Black Nileは ビッグバンドでよく演奏するのですが
コンボで 演奏されているのを 生で聴いたのは 初めてかもしれない。
かっこよかった~!! 先生も 先輩も かっこよすぎました~!!!!
思わず アタシも この曲練習してみよう とか思っちゃいましたわ~。


当然!(当然です!) アンコールが かかって
スタンダードナンバーから Take the A trainを
演奏してくださいました

なんだか 最後の最後で ちょっと泣きそうになってしまったけれど
先生のテナーを聴かせていただけたこと
ほんとに 感激の わくわくな時間でした。
もちろん ナオキ先輩の トランペットも フリューゲルも とっても素敵!!


あぁ~ これまた いい時間をすごさせていただいたなあ~って
そして アタシも 頑張ろう!って 思えて
今日も 帰り道 (ちょっと遠かったけど
電車にゆられながら またまた いい気分~


いろんなことが 自分に起こっていて 「げげっ!
って なってたりしても 
この秋は 特に 大切なお友達の ライブや
今日みたく お師匠さまや 先輩の(メンバーさんの中には 同級生も!:笑)コンサートで
素晴らしい演奏をお聴かせいただき、
素敵な時間をすごさせていただいて しっかり元気をいただいて
心も ちょっとウキウキしながら いられてる自分に気づいたりしてます



あぁ~ やっぱり 音楽って 素晴らしい~ 


先生、先輩、みなさま、
素敵なコンサートを 本当にありがとうございました!!!!

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック