SAX Player 落合智子のブログ:音楽のこと、猫のこと、日々の徒然
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さよなら ありがとう
2011年05月09日 (月) | 編集 |

なかなか ここには書けないでいたこと。


3月の大地震の ちょうど 1週間後
実家の愛猫 はなちゃんは 天使になって
お空へ 旅出っていった


偶然なのかな...
はなちゃんが 亡くなった時刻あたり
アタシは ライブで にゃんこの歌を唄っていたようである。

実際 いつも jojoのことを想って唄っているのですが
今回は そんな状況だったのでした。
ライブが終わって帰り道 父から電話で 知らせが....
とにかく そのまますぐ 実家に向かった夜でした



両親と話し合って 
はなちゃんは jojo君と同じ霊園で眠っていただくことにした。
うちの子たち 一緒に...ってことで。


はなちゃんは 20年 生きた猫でした。
卒業した大学に 用事があって たずねたある日
守衛の おっちゃんがちょっと困った様子で 保護してらして...。

真っ黒の小さな小さな子猫は かりかりに痩せていて
なんだか ボロボロで よわよわしかったのを覚えてる。

「あ...このままだったら この子 死んじゃう

って 直感して 怒られるのわかってて 家に連れて帰った。


元気になったら きちんと飼ってくれるおうちを探そうって思って
それまでだけは しっかりお世話しようって...。

子供の頃から 何度もそんなことをやらかしては 
しかられて...
何度も 我が家にひろわれてきた わんこ にゃんこたち。
結局 全ての子達 それぞれ ひきとってくれる おうちを
両親が 探してきてくれて...


父上 母上 いつも ほんとにありがとうでした


でも はなちゃんだけは 違った。
結局 20年間 家族でいてくれたんだー


アタシが お家を出て 一人暮らしを始めてからは
妹ナヲが ずっと...はなちゃんの相棒ってかんじでした。
そのナヲも お嫁に行って 寂しそうな両親を
ずっとずっと 癒し 支えてくれていたのは
はなちゃん だったんだなぁ と
今更ながら はな には 本当に感謝の気持ちでいっぱい



そして 一人暮らし時代 jojoと一緒にいた ディオちゃん。
ディオは アメショーのオンナノコ
生徒さんから 預かり うちの子になった にゃんこ。
我が家に来たとき ほんっとに小さくて小さくて...。
とても 甘えん坊で優しいオンナノコ。
そして ちょっと 食いしん坊。
丸顔の かわいこちゃんでした。
数年、我が家で過ごしましたが 事情があり 
アタシの 大切な友人に 引き取ってもらうことになりました。

もらわれた先でも 本当に可愛がってもらえていて...


その ディオちゃんも このGW中に 亡くなって...
この子は 16歳で生涯をとじました。
乳ガンだったそうです。
ほんとに よく頑張ったようです。
 

友人も 最期のときまで 
ディオをいっぱい愛してくれて
うんとうんと お世話をしてくださったのです。


jojoも 華も ディオも

シアワセだったかな....。


今頃は 一緒に 遊んでいるのかな



アタシは やっぱり いっぱい泣いたけれど

両親も 妹ナヲも
それから 友人も
その子達の 家族だった それぞれの気持ちを思うと
胸が痛くて たまらないけれど


もう一度 会いたい 抱っこしたい なでなでしたい けれど



でもでも でも...みんな...


 さようなら だね


いっぱい いっぱい ありがとう

ほんとにほんとに ありがとう

ずっとずっと 大好きだからね


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/11(水) 05:00:59 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/12(木) 12:28:35 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。