SAX Player 落合智子のブログ:音楽のこと、猫のこと、日々の徒然
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3連休あたり その2
2011年01月10日 (月) | 編集 |
1月9日。
すんごい 寒い毎日が続く中 今日は お天気もよく
お昼間なんぞは ちょっとぽかぽかに思うくらい?!
今日は パパちんの会社のお仲間さんの結婚式
よいお天気になって 良かったデス


そして アタシ、今日は なんと!!! 
ながこねーさん(P)と一緒に
披露宴の席で 演奏させていただくはこびとなりまして
パパちんと 一緒に 朝から会場へとむかいました

ホテルのウェディング会場のフロアは すっごい綺麗でいいかんじ?

「いやぁ?ん、素敵?」なんて気持ちとは うらはらに
アタシはちょっぴりドキドキ(でもちょっとワクワクも:笑)。

だってねぇ...パパちんの会社の皆さんとお会いする初めての機会...。
粗相があってはいかん!と ちょっぴり かまえたりもするわけで。



パパちんは よく会社でのお話を聞かせてくれるのですが
そのお話の中に  実にいろんな方が登場するわけです。
お会いしたことのない皆様のお話...
聞いているうちに アタシなりに 皆さんのイメージなどができたりして
いつまでも 子供であるはずのない自分なのに
小さい頃 会社っつうのは お父さんが行くところと認識してるもんだから
そこにいらっしゃる方々は すなわち 「おっちゃん」と思いがち
怖い人 おったら どーしよー とか びびるわけですな(笑)


でも よく考えたら サックス教室の先生をしていた頃には
いろんな年齢層や職業の生徒さんがいて 
年齢層や職業、役職などに関係なく みんな仲良くしてくださって
一緒に 遊んだり ごはん食べに行ったり 呑みに行ったりして
そこで いろんな知らない世界のお話もたっくさんうかがうことができて
ものすごく 勉強にもなったものでした。

なのに この日は ちょっとびびるアタシ。←へたれちゃん


ホテルに到着して 会場のあるフロアに着いたら
すぐに パパちんが ご挨拶しだした...
きゃあ? もう?もう? 会社の人たちが?

と 思いきや.... あれ?


みなさん とにかく お若????い!!!!
「おっちゃんなんか おれへんや?ん」 とアタシの心の叫び。
一番最初に お話させいただいた パパちんの上司 Tさまも
とても 楽しい そして 体育会系な雰囲気の兄貴ってかんじな...
アタシは失礼ながらも 一回 一緒に飲んでみた?い!と思ってしまったほどに
気さくで 明るい素敵な方でした。

バリバリお仕事をされる 切れ者なり とおうかがいしていた上司 Yさまも
そんなに バリバリな方やったら どんなけ いかついおっさんが登場するんかいなと
(おっさん という表示、どうかどうか お許しを?)
思って めちゃめちゃ びびっておりましたところ
お会いしてみると なんてお優しそうな方なのぉぉぉ?!と
アタシの 頭の中のイメージとは ぎゃっぷがありすぎるほどの
ソフトな雰囲気の紳士さまでいらして ひっくり返りそうになりました。


今 皆様 全員のことを瞬時には 思い返せないアタシの貧相で未熟な
記憶力ではありますが
すらりとダンディなN様、お優しそうなM様、少し体調を崩されていらしたとうかがいました
とってもハンサムなT様、
一度 ライブにおいでいただいたI様、
(少し酔っていらしたようなのでお帰りが心配でしたよぉ

いまどきなべっぴんさんM嬢様、陶器でできたお人形さんのように可愛いN嬢様、


そしてそして この日の主役のお二人
こーじさん、いよさん

もう びっくりするほど かわいらしい新郎新婦さまで、
思わず みとれてしまいました


末永く お幸せに?


これからも パパちんは 皆さんの日々のご奮闘ぶりを
アタシに あつ?く語り聞かせてくれることと思うのですが
毎日 楽しみにいたしております


皆様 どうか お体を大切にお過ごしくださいませ
そして これからもパパちんのことを宜しくお願いいたします




追記:そう、披露宴の最後の方で ながこねーさんとアタシ 演奏させていただきました
   楽しかったのですが せっかく朝早く サウンドチェックに行ったけど
   宴 本番中には 音響スタッフさんは いらっしゃらないとのことで
   正直 すこぉし 不安を感じておりました...が なんとか。。。
   
   アタシ達 演奏する側は 時として 音響関係に演奏を殺されることも
   あるのです。
   披露宴などでは 余興をされる方や 宴の進行のつなぎなども
   司会者の力だけでなく 音響スタッフとのタッグは とても大切。
   主役である新郎新婦さまや お集まりいただいているお客様方に
   微妙な思いになっていただかない為にも とても気をつかう部分でもあります。
   さぁ、今年も いくつものブライダルで演奏させていただく機会があるかと
   思いますが 一回一回 大切に 演奏していきたいと思いまぁす(^^)/
   
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。