SAX Player 落合智子のブログ:音楽のこと、猫のこと、日々の徒然
泣けました(ノ_<。)
2010年02月08日 (月) | 編集 |
先日の「ギタピスライブ」の時、
こぉんな いただきものが.....


はい、なんと 「招き...」シリーズです。
偶然なのですが  まったく別の方々から
「招き...」をいただくことになりました



まずは だぁい好きなこのシリーズ!!

「招きネコダックちゃん

春限定バージョンだそうで 桜を思わせる色合いも
ほのぼのと かわいらしく ますますキュート

思わず 唄ってしまいます...
「ネコとアヒルが力をあわせて...」(笑)

ほんま かわいいっす
126558677852.jpg



そして 次なるいただきものはというと...

「お家に帰ってから ひとりで 箱をあけてね、手紙もね」と
言っていた 千鶴ちゃん...。

「なんだろう? なぜ?」 と不思議だったアタシ。



おうちへ帰って 箱 あけた。

アタシより先に パパちんが 叫んだ!!!!

「jojo君や?っ!!!!」


アタシは まったくもって 言葉がでなくて
衝撃すぎて 息がつまって 固まってた。


そして 号泣したのである。
どぉぉぉぉぉぉぉっと どぅわぁぁぁぁぁぁっと
次から次から 涙が出た。  

止まらない。


あまりにも 「jojo君」だったのだ。
ふわふわな毛並みのかんじも  色合いも 模様も
大きな手も おなかだけが 毛がなくて ピンクだったのも
愛らしい表情も....
そんな jojo君が 「招き猫」になっていた。
悲しい気持ちは ないわけではない...
でもそれよりも やっぱりjojoがいとおしくて...
それに 千鶴ちゃんの気持ちが嬉しくて...。



招き猫jojo君 斜めから... 
100206_1028~01.jpg



正面 ちょっと上から...
100206_1025~01.jpg




ぶっとい でっかいおてて...。
100206_1025~02.jpg




そして 昨年のありし日の ほんまもんjojo君。(比較してみてね)
090816_2236~01.jpg




千鶴ちゃんは 招き猫作家さんと知り合ったそうで
このブログから jojo君の写真をひっぱって
その方にお知らせしてくださり
招き猫jojo君を 作っていただいたのだとか...。


添えてあった お手紙にも 温かい温かいお言葉が...。

もし 悲しくなったり 辛かったりしたら ごめんなさい...と。
その時は 遠慮なく 箱にしまっておいてね...と。

jojoが シアワセを 招いてくれますよ...って。


そうか!だから...
アタシが 会場で箱を開けたり、お手紙を拝読しちゃうと
必ず! 間違いなく! 号泣するだろうと...
ライブの後に もし 悲しい気持ちになったりしたら...と

そんな いろんな 優しくあったかいふか?い 彼女の気持ちに
がつんと どかんと じんじんと きまくりまして
壊れたように 涙がとまらないだけでなく
小さな子供のように しゃくってしまいました。


通常 招き猫には 首輪に鯛がぶらさげてあるものを
おつくりになっていらっしゃるのだそうですが
jojo君は 首元がふさふさふわふわだったから
あえて 首輪などは しませんでしたよ と 
作家さんが おっしゃったのだそうです。

ほんと 招き猫jojo君も 首あたり ふさふさふわふわ感が!


招き猫jojo君(千鶴ちゃんから)、招きネコダック(マーパパさんから)
ともに 福やシアワセが 訪れますように とのことで
いただいたもので

アタシは 本当に 嬉しくて じーんとして
たまりませんでした


泣けました(ノ_く。)


うまく 言葉に表せないのが もどかしいですが

そんな お気持ちをいただいたこと自体が
すでに アタシは シアワセな奴なんじゃないかと
すっごく思います。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/08(月) 18:46:22 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/09(火) 04:11:50 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック