SAX Player 落合智子のブログ:音楽のこと、猫のこと、日々の徒然
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


それぞれの想い
2009年12月07日 (月) | 編集 |
泣くのん わかってて 読んだこの漫画。


妹ナヲが 昔 友人に借りて読んだことがあったというこのお話。
作者の方の 実際のお話だそうです。

「おねーちゃん めっちゃ泣くかもしれんけど、
いや 絶対 吐くほど泣くと思うけど いっぺん読んでみー。
思うことが あるかもしれへんよー。」と言われて 読んでみることにした。


彼女は その頃 実家にいるにゃんこ「華ちゃん」のことを想って
嗚咽に近い 泣きを みせたそうで。
っつーか 華ちゃんは その頃 まだまだ元気で健在だったのですが(笑)
置き換えて 考えて 苦しいくらいに悲しくなったそうである。

その華ちゃんも すっかりおばあちゃんになり
だいぶ 弱くなってきたので 年を越せるのか...と
家族みんなが 心配しているのですが
jojo君が 先にお空へ行ってしまったことは
みんなの予想外のことだったのでありました



この本の主人公は「ゆずちゃん(男の子)」


1冊目 「ゆず」は 子猫のときからの飼い主さまとの
楽しく愛らしいエピソードが 描かれています。
よう わろた?

2冊目 「ながいながい散歩」

これが ゆずちゃんとのお別れのお話なのでした。(号泣)


アタシは 妹ナヲがしたとーりに
2冊目から読んでしまったので
あとで 読んだ 1冊目も楽しい思い出の回想シーンのようで
笑いながらも 何度もうるっとなりましたが...(苦笑)

20091207100445



みんな それぞれの想いを胸に 生きていってはるんだなぁ...。


乗り越え方は色々 あるのだろうけれど
いや、乗り越えられないのかもしれないけれど
悲しい気持ちはかわらないのかもしれないけれど
大切な大切な想いは
あったかい せつない でも 楽しい思い出となって
ずっと 残ってゆくのかもしれないなぁ...。



はい。 


妹ナヲの言ったとーり....




吐くほど 泣きましたし。




そんな こんな しながら 時間というお薬、
ちょっとずつ いただいておるしだいです
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/08(火) 05:30:24 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。