FC2ブログ
SAX Player 落合智子のブログ:音楽のこと、猫のこと、日々の徒然
行ってきた...
2010年05月23日 (日) | 編集 |
正直 あまり 深く考えてはいなかったのかもしれない。
いやいや、 考えないようにしていたのかもしれない。


ってかんじで 迎えてしまったよ、ついに 今日を!



はい、今日は いよいよ お顔の手術日でした


お昼に予約してあったので 午前中はゆっくり過ごすはずが
いったい どうやって 過ごしたのか
今になってみて ちょっと 思い出せない...

やっぱり 動揺していたのかしらん...←へたれ野郎...ですな


病院に ちょっと早めに到着しましたが
まぁ 患者さんが いっぱい!
さくさくと 診察は進んでいくものの
たぶん アタシ 最後だろうなぁ...と思っていたらば
予約なしのとびこみ患者さんが さらに3組いらした様子。

先生は 気にしてくださって
その3組を おいて 先に手術にとりかかろうとしてくださったのですが
手術のやり方について 説明をきいてるうちに
どうするべきか 混乱してきて 「ちょっとタイム!」状態に...


「まぁ、ゆっくり考えて?」 と言葉を残し
先生は 3組の患者さんを診察しに 戻られまして
その間 アタシは ずっと 手術台の上に寝転んだまま 考え中?
と なんだか おかしな光景でございました(笑)


結局、2つある腫瘍を 一気にとっちゃうか
(この場合、傷が とても大きくなり 治りが遅くなる、傷跡も大きくなる
しかし、1回こっきりの手術ですむ)
1つずつの場合、今日 1つ とり 半年後くらいにもう1つを...
(完全に とりのぞき 良くなるまでに結局1年かかる、しかし傷跡はうんと小さくなる、
2回も手術をすることになる) 
ってことなのでした。
どちらにしても 一長一短....悩みました。 はい、ほんとに。


でも やっぱ 早く楽器を 吹けるようにしたかったし
傷の回復が 早いほう(早くもないかもしれんのですが)を選択しました。

ので 半年後に もう1度...っちゅうことになりました。やだなー



パチンという音とともに 手術台の上から まぶしいライトがつきました。
顔に 布 かぶせられたし  ドラマとかでみる あのかんじやな?
とか 思いました。
(昨年春の手術は 全身麻酔だったので
もう 途中からは 全く わかんなかった。
自分がだんだん 細胞レベルに変化してゆくような
幻想の世界だったし:笑)


術後 縫った傷を みせていただきました
2cm位 横にまっすぐな 傷でした。 ほっぺから 糸 出てたしぃひぃ?っ
でも 先生 さすが! 綺麗にまっすぐやったし、
できるだけ 傷が顔の真ん中よりにならないように、
耳に近い方に と治療してくださったようでした。


なによりも 麻酔の注射が 一番 痛かったかも?(笑)


そうそう!
処方箋(痛み止め&化膿止め)をいただきましたが
今日は 日曜!
あいている薬局にたどりつくまで どれだけ大変だったか....。
疲れました...。


ただ...やっと たどりついた薬局の薬剤師さんは
めっちゃめちゃ イケメンなお兄さんでしたよぉ?
(パパちんも 大絶賛!!!)
優しくて 親切で ちょっと気品があって オトコマエなんて!
おいてなかったお薬を
ソッコウで 取り寄せるよう 頑張ってくださいました。(ありがたや?


よ、よかった...オトコマエも よろしいのですが
今夜は 痛みに耐えなあかんのかと 思ったら 怖かったので...。
ほんと ありがたかったデス。




なんだか この「腫瘍」....
ひらいてみて 先生がおっしゃったのですが
「思ったより 深いとこまできてるかなぁ...」
(えぇっ?!では 深くまで切る ということですね?先生!こわっ

       と、

「なんか ちょっと 「?」 「?」 「?」 なかんじもあるねんけど...」

だそうで(なんですか?そりゃぁ??!←説明聞いたら、なるほど「?」でした) 

とっていただいたものを 「病理検査にだすわー」 って
言っておられ あらたな ドキドキも...。



まぁ ええわ。




?帰宅して?
麻酔切れて ほっぺの感覚 戻ってきたけど
それと共に 痛みも感じ出したので
今夜は とりあえず おとなしく 早めに休むといたしますぅ。



2回に分けることになった 手術ですが
1回目 、なんとか 無事 終了いたしました?


皆様の 温かい励ましや お気遣い...
お電話や メール、ブログにコメントを
色々 いただきました(感涙


この場をかりて 御礼 申し上げます


本当に本当に ありがとうございました
スポンサーサイト