FC2ブログ
SAX Player 落合智子のブログ:音楽のこと、猫のこと、日々の徒然
愛媛にて その2
2010年04月04日 (日) | 編集 |
翌朝、朝食をいただいたあと すぐ出発となる。
(またも バタバタなのか?!笑)


前夜も この日の朝も かなり寒かったのに
時間の経過と共に ぽかぽか陽気になってきたゾ。
これは 嬉しい



お宿の最寄駅にて ぱちり
おっ?テナーの重樹君の後姿が 一緒に写ってマス(^^)
ってか 写真撮ったりして
時間ないっちゅうのに 余裕ぶっこいてる場合なのか?!←のんき



時間がないながらも 一台のタクシーから運転手さんが降りていらして
ちょっとおしゃべりも(笑)

運:「もうお帰りですかー? また いらしてねー(^^)」
  「昨日のコンサート、行きましてん。楽しかったですわー」って。


ワァ?  お仕事おありでしょうに お時間さいて
おいでくださったんだぁ?(感激?

ほんとにほんとに ありがとうございました



さぁて ここから また特急に乗り 松山へ。
40?50分は かかるのだけれど
車中では 女子席(アルトの紀子ねーさん、マネージャーのかおりさん、アタシ)で
ガールズトーク(おばはんトークかも)に花が咲きまくり
あっという間に 松山駅に着いちゃったよ。

ドロンドロンに疲れていても オンナノコは おしゃべりなのですわね(いぇいっ!:笑)



さて 松山空港に着き またも一枚ぱちり
さすがに お疲れ顔の 紀子ねーさんとアタシです。



この空港でも やはり 座席のうんぬんに手間取りました(><;)
お客様側も ようわかってないのですが
空港スタッフさん側も よくわからん空気感 だしすぎでっせ?
ま、松山は 伊丹よりは ずいぶん ましでしたが。
ま、お互い なれてないから っちゅうことなのでしょうが
もすこし てきぱきっと していただければなぁ...。

余計に疲れてしまった気がしますもん...(とほほ)




さて 飛行機の中から そっと一枚ぱちり
空と雲が とても綺麗で...
向こうの方に 大地のように広がってみえる雲...
あっちの方にある きっとあったかくて 素敵なところに 
jojo君がいるんじゃないかな...
空の上に来たから ちょっとは jojo君に近いところにいるのかな...
とか ちょっとばかし センチメンタルになりつつ
写真を 撮ったりしてみたのです。





いやぁ? しかし お泊まりグッズに 演奏の為の荷物に
バリトンサックスに...
そんな荷物を抱えての 大移動は 正直 かなりこたえました

お泊まりした夜には 両腕が プルプル震えて 眠りづらかったくらい...(笑)
お宿でも いろいろ ありましたしぃ(ふふふ...なことや あんなことや:汗)


ま、 コンサートも無事に終え
みんな ちゃんと 帰ってこられて よかったよかった


おもろ?い 二日間でした


あうぅぅぅ  肩 首 背中 腕 が ばきばき ですが...。


スポンサーサイト




愛媛にて その1
2010年04月04日 (日) | 編集 |
4月3日、早朝から 伊丹に集合。

メンバー 若干 体調不良気味....。
今回から 楽器の分も座席がいるっちゅうことで
空港での 手続きにも かなり手間取り イライラ...。

とか しながら言いながらも なんとか 松山空港に到着?。
その後 特急に乗り換え 現地へ。 
空港から およそ 1時間。

田舎の風景が広がり 到着したその町は のんびりした
とっても 「昭和」な 雰囲気。
コンサートホールは 駅から 歩いてすぐのところにありました。


到着して まもなく リハーサルが始まり(結構 ソッコウ リハ スタート
 バタバタと 昼食をいただき 着替え...
あっという間に 本番が始まった。(あ?れ?

途中 休憩をはさむ 2部形式でしたが
あっという間に 2時間のコンサートが終わりました。
気づくと もう夕方 だった....(ひぇぇぇぇぇぇぇっ



クラシックから 始まり ポップス・ジャズ、
けんちゃんの オリジナルの新曲も....
いろんなジャンルを演奏しました。


楽しい時間だったなぁ....


もう ほんと 日常生活は すっかり頭の中から
消え去っている という 夢のような 時間でしたしぃ。


終わってから 近くのお宿につれて行っていただき
主催者の会社の 社長さん(めさイケメン)、営業部長さまご夫妻、
司会をしてくださった DJのお姉さん、
そして アミューズメンバーとマネージャーさんで
打ち上げが 行われました。

この宿が...アタシタチには 最初はとっても「?」で...

なにがって....


ここに宿泊するのか ただ 食事に来ただけなのか
よくわからなかったし
もう もう もう ものすごく 昭和を感じる
すっごい アンティークな 宿...民宿のようなところだったので
アタシタチは おもいっきり「?」な顔をしていたことだと
いまさらながら 思います(笑)


社長さんが おっしゃっていましたが
このあたりには 宿らしいもんが そう ないのだと...
しかし ここの料理は 絶品なんだと....

ふむふむ...それは お料理に期待だわ


お刺身だぁい!
奥の方に写ってる お花型の氷の中にも 美味しいお魚が隠されておりました





お次は 美しいグラスに盛り付けてあった なまこ!
とても さっぱり そして 歯ざわりこりこりと めさめさ うまうま





さて お次は はも(左側)に お野菜の登場です。
お味噌につけて 食べました あぁ シアワセ





いろいろと 手を加えてある 海鮮物の アラカルト。
サザエやら なんやらと 少しずつ 色々 楽しめましたしぃ。




このあたりから 夢中になって そして お酒も入って良い気持ちで
お話も盛り上がりまくりで すっかり 写真を撮り忘れ....(笑)


照りやきなお魚や 大きなアサリ入りのお吸い物や
鯛めし なのだけれど 赤玉(たまご)をかけた
そう 「たまごかけごはん with  鯛」

めちゃめちゃ うまかったっす?(やほ?



久しぶりに 食った 呑んだ の 夜になりましたとさ。


(愛媛のお話は つづく...)