FC2ブログ
SAX Player 落合智子のブログ:音楽のこと、猫のこと、日々の徒然
今日から...
2009年11月26日 (木) | 編集 |
はい。今日からお仕事 再開です。

早朝から 頑張って行きました、生駒まで(近いやん)。

小学校での学校公演でした。
可愛い小さい子を前に 

千の風にのって(歌付き)や、トトロや、おどるこねこ、等等の
プログラムは 今のアタシには ちょっと ぎくり...的なのですが

みなさんの いろんな温かいお心遣いにより
今日は なんとか 頑張って演奏できました。

泣かなかったし。(←よくできました)

小さな子供達の 楽しそうな笑顔は 癒しでしたし
頑張んなきゃ と励みにもなりましたし
jojo君にも 届け!と 頑張れました。

みなさん、ありがとうございます


今日も なんでか 暖かかったし... 
山間部の学校の体育館での本番だったから
暖かくて ほんと助かりました。

帰りの電車では ぼぉぉぉぉぉぉっとしながら
生駒山の綺麗な紅葉を ぽかぽか お日様にあたりながら
なんとはなしに ずっと眺めていました。
(いつもは 車内では 本を読んでいるのですが)


あぁ...
jojo君のお葬式の日も こんなポカポカ陽気だったなぁ...


あららら...また こんな風に考えてしまっています


でも 今日はまだ泣いてない。
かわりに 手を休めた瞬間から 脱力感、空虚感 
でいっぱいになってしまってはいるけれど...。


こうして 時間の経過とともに 心は落ち着いてゆくものなんだろうか...



そう...


今までだって とても辛いことや悲しいことがあったとき
そうして きたんじゃない....。


時間が味方。 時間がお薬。



でも 毎回 その真っ最中には ほんとかな?そうだったかな?って
わかんなくなって とっても苦しかったりなんだった。



jojo君のトイレの中をのぞいてみたら
最後に入ろうとして 上半身しか入れなかった日のまんまだったので
全く汚れてはいないのだけれど
可愛い でっかい 前足のあとが お砂についていた。
お掃除して お砂をいつも平らに しておくんだけど
そこに ふたぁつ 足跡が ついていた。

最後にトイレに来たのは 亡くなる前の前の夜だったんだ。
病院から帰って 30分後くらい...(病院にいたのは12時間)

おうちのトイレまで ちゃんと我慢してたんだよね、
よろよろだったけど 自分でちゃんと歩いていったんだよね。
でも またぎきれなくて 上半身だけ 入って 初めて トイレの外に
しちゃったんだよね。

でも 頑張ったんだ、jojo君。


翌日(亡くなる前日の夜)も おうちまで おトイレ 我慢したけど
(この日は 病院滞在 10時間)
もう おトイレまで歩くことは 全然 できなかったんだ。
ケージの中で しちゃった、jojo。
でも おうちまで しっかり我慢したんだよね。

えらいよ、おりこうさんだよ、
すっごい頑張ったよ、jojo君。


歩けないくらい弱っていたのに 最後までそこんところ、
貫きとおしたんだもん。

かーちゃん(アタシ)も がんばんなきゃ。


jojo君が 一番苦しかった最後の数日、
忙しいかーちゃんは 長い時間一緒にいてあげられなくて
本当に本当に本当に ごめんね
亡くなる前の夜から 最後に病院に行くまでは
やっと ずっと長い時間 一緒にお布団で寝たよね。
ずっと 一緒にいられたよね。

ごめんね、ごめんね


あ、あかん また 涙...。



スポンサーサイト